『楽器を始める前の豆知識』 ギター編!!

 

 

こんにちは。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近は外出を控えることが多くなり、お家の中でできる趣味を持たれる方も増えているようですね。

そこで今回は、ギターが弾けたらカッコイイんじゃないかと思い、少しギターについて調べてみました。

 

ギターの種類ですが、大きく分けて2種類あるようです。

 

《エレキギター》

「Electric Guitar」、 その名前の通り弦の振動を電気信号に変換して音を増幅することのできるギターです。アコースティックギターではドラムなどの音量の大きな楽器に埋もれてしまうことから、音量を大きくするために生まれたと言われてます。

 

残念ながらエレキギターだけでは大きな音が出せるわけではなく、アンプというギター用のスピーカーに繋ぐ必要がありますが、電気信号を音に変換しているので専用の機材を使うことで音色を自在に変化させる事ができるのが最大の魅力です!

 

エレキギターはこんな人におすすめ

・バンドを組んで演奏したい

・ギターソロを弾きたい

 

《アコースティックギター》

 

エレキギターとは対象的にアコースティックギターは電気信号で音を増幅しないギターで、分厚いボディと穴の中の空洞に音が共鳴することで音を鳴らす構造になっているようです。アンプの機材がなくても演奏ができる、場所を選ばないタイプのギターです。

仲間たちとバンドを組んで使用するときはマイクをセッティングして音を拾ってもらう必要がありますが、アコースティックギターの音を電気信号に変換するパーツを取り付けたエレアコというギターも存在しており、音が埋もれてしまうという懸念点は問題なく払拭できます。

 

またアコースティックギターでも2種類存在しており、ガット弦(スチール)を張っているのがバンドや弾き語りなどで使われているフォークギターで、ナイロン弦を張っているのがフラメンコやボサノバで使用されるクラシックギターという区分となってます。

 

アコースティックギターはこんな人におすすめ

・弾き語りをやってみたい

・場所を選ばず気ままに演奏したい

 

 

ギターが弾ける人に憧れていたものの、なかなか一歩を踏み出せないという方。お家で過ごす時間が増えている今がチャンスかもしれません。一度、ギターに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

NISHIKINOではInstagramも随時更新しております。

時計や、バッグ・ジュエリーなど様々な商品を掲載しておりますので、是非ご覧下さいませ。

NISHIKINO instagram

※リンク先(https://www.instagram.com/7nishikino/?hl=ja

 

ご意見、ご要望等ございましたら、コメント欄もしくはトップページから御連絡いただけますと幸いです。